観葉植物の部屋

シルバーブルーバット

サンセベリア シルバーブルーバット このサンセベリアは少し昔の株になります。 2013.7.17から育てています。 真ん中の株が親株。 写真向かって左の株が子株になり、親株と子株の間の株は、根を見ていないので断定は出来ませんが多分、子株の子供になると思…

盆栽風ガジュマル その後

丸坊主にして盆栽風にした、ガジュマルのその後です。 丸坊主前 ↓ 丸坊主 盆栽風 ↓ 先日の様子 よく見ると、小さい新芽が出ています。 方向を変えて 水差しをした枝はというと 水差しをしたばかりの時の写真 ↓ 現在の様子 新芽が伸びています。 水差しした丸…

サンセベリア マッソニアーナ

またまた、サンセベリア のお話しです。 2019.8.7から育てているサンセベリア の仲間です。 サンセベリア グランディスとよく似ています。 ちなみに此方がグランディスになります。 一番大きな葉が親株で、あとはすべて子株です。 マッソニアーナにも子株が…

子宝草実験中

以前から何度もUPしている子宝草。 この子供達を水に浮かべて育て、どのくらい大きくなるのか実験を始めました。 用意した物は、 ガラスの容器 ゼオライト 水 ガラスの容器の中に、綺麗に洗ったゼオライトと水道水を入れました。 あとは、そこに子宝草の子供…

サンセベリア ハニー

サンセベリア ハニーが凄い事になっています。 6月の終わり頃にサンセベリア ハニーについてupしましたが、7月の中旬を過ぎて、1段と成長しています。 upした時の様子。 現在の様子 そしてもう一株 親株を挟むように並んでいます。 更に子株が・・・ このま…

盆栽風ガジュマル

家で育てているガジュマル。 枝が徒長気味になってきたので、思い切って丸坊主剪定しました。 徒長の原因は、十分な日差しがない場所で育ったからだと思います。 太陽の光を大好きな植物にとって、日照不足は徒長の原因となります。 そこで、時期的に少し遅…

サンセベリア 葉挿し

今日はサンセベリア の葉挿しのお話しです。 今年は植物の成長が活発で、どんどん大きくなっています。 そんな中で、余りにも大きくなりすぎた物や、少し弱って来た物を葉挿しをしています。 元気な葉が1枚あれば、気軽に葉挿しにチャレンジしていただけます…

サンセベリア ブラックバット

今日は久しぶりにサンセベリアのお話を。 2013.8.19から育てている サンセベリア ブラックバット。 太く、大きく育っていますが、なかなか子孫が出来ませんでした。 先日、水をやりながら視線をおろすと、なんとニョッキリと竹の子みたいな物が・・・ 老眼で…

テーブル椰子

今日はテーブル椰子のお話しです。 10年以上経っていて、ダイソーで購入しました。 大きさは土上から1mを超えています。 テーブルヤシはヤシ科カマエドレア属に分類される中年米原産のヤシです。 テーブルに置けるほど小さいことからテーブルヤシと呼ばれる…

ガジュマル剪定〜水差し

ここのところ毎日雨が降り、梅雨特有のジメジメとした、鬱陶しい日々が続いています。 今日のお話しは、ガジュマルの剪定、水差しについてになります。 今回、剪定したガジュマルです。(剪定後) 2019.8.18から育てている物です。 丸坊主にしても良いのです…

里子

以前、子宝草の寄せ植えのお話しをした事がありますが、あっというまに大きくなって来たのて、いつものように、奥さんの友達の所に里子として、貰って頂くことににしました。 寄せ植えしたばかりの時です。 現在の様子。 とにかく成長が速く、すぐに大きくな…

ナカフヒロハオリヅルランの植え替え

先日購入した、ナカフヒロハオリヅルランの植え替えを行いました。 酷い根詰まりの状態です。 早速、作業を開始します。 ↓ ↓作業中です。 ↓ たっぷりと水をあげて、作業終了です。 たぶん、この状態だから値段が安かったんだと思います。 なんせ、¥430-です…

アレカヤシ

今日は、これから夏本番を迎えるわけですが、そんな季節にピッタリな椰子のお話しです。 アレカヤシです。 先日UPした物とは違います。 大きさは、大きな幹で100cmあります。 大昔、ダイソーで¥100-で購入した植物です。 記憶は曖昧ですが、購入した時の大き…

シャムオリヅルラン

とうとうゲットしました。 シャムオリヅルランです。 ナカフ等のオリヅルランは、ホームセンターでも手に入れる事は容易ですが、シャムオリヅルランは中々ありません。 以前に行った花屋さんにあったので、目をつけていました。 これで、代表的なオリヅルラ…

ナカフヒロハオリヅルラン

見つけました! ナカフヒロハオリヅルラン。 以前から探していた植物です。 値段も安くて¥430-でした。 子株もたくさん出ています。 だがしかし…… 根詰まりをおこし気味です。 時期をみて植え替えですね。 普通のオリヅルランとは、葉の幅が違います。 広い…

ホヤ

ホヤの植え替えをしたので、紹介させていただきます。 ハートの形をした葉が可愛い植物、ホヤです。 2011年7月7日から育てている植物です。 オブジェを使って立体的にしています。 植物名 ホヤ学名 Hoya英名 wax plant科名 キョウチクトウ科(ガガイモ科)属…

ナカフオリヅルラン植え替え

またまたまたオリヅルランの植え替えです。 ナカフオリヅルラン。 このオリヅルラン、見た目はちょっと葉が混んでいるかな と思っていたら…… 根が鉢底から出て、トグロを巻いていました。 早速植え替え作業です。 ↓ ↓ 作業中 ↓ あっという間に終了です。 今…

ハニー

今日はハニーのお話しです。 キューティー・ハニーではありません。 (時代が古すぎる?) サンセベリア ハニーです。 この植物はダイソーで2019.10.6に購入した物です。 もちろん¥100+税です。 もうすぐ2年が経とうとしています。 これを育て始めた時は、…

退院 主の元へ

3月の末から預かっていた、家の奥さんの友達の植物です。 元気になったので、主の元へ帰ることになりました。 預かった当初は葉も数枚しか無く、どうなる事かと思いました。 約3ヶ月間の短い間でしたが、病気が治りホッとしています。 当初より株の数は少な…

ポトス植え替え

ゴールデンポトスの植え替えです。 この鉢は浅いので、根詰まりする前に植え替えをします。 鉢から出して根の処理をし、違う鉢に植え替えます。 使用する鉢は、先日植え替えをしたオリヅルランが植えてあった鉢を使いました。 以前使用していた鉢です。 植え…

オリヅルラン植え替え

またまたオリヅルランの植え替えを行いました。 2011.6.23から育てているソトフオリヅルランです。 吊り鉢の中で、根がパンパンに張っていました。 土を落として、傷んだ根を切ってやります。 それぞれ、鉢に植えてやりました。 大きな鉢から小さな鉢まで、…

サンセベリア スタッキー

昨年の10月19日にサンセベリア スタッキーについて投稿しました。 今回はその成長報告になります。 前回のUP写真になります。 この時の大きさは、大きい方で土から72cm、小さい方が65cmでした。 現在の写真です。 大きさは、大きい方が土から75cm、小さい方…

金の成る木鉢植え

先日お話した、金の成る木を鉢植えにしました。 ビスマルキア ノビリスの鉢にあった物です。 このまま育てていると、お互いの植物によくないので、植え替えました。 同じ鉢に違った種類の植物を植える場合は、お互いの植物が水を好むかどうかで、植えてやっ…

アレカヤシ

家で育てているアレカヤシ。 ずーっと幼葉のままだったのですが、やっと本葉が出て来ました。 まだ、ひらいていませんが真ん中に見えるのが本葉です。 100円ショップでも販売しているので、おわかりの方も多いと思います。 アレカヤシの花言葉とは? 『元気…

お嫁入り3

お嫁入り第3弾です。 今回、お嫁入りする場所は、家の奥さんの会社が運営しているお店です。 以前、この場所で紹介した事もある所です。 ①ポトスの水差しです。 ②オリヅルランの水差し。 両方とも水差しにした理由は、育てるのがとても簡単だからです。 土植…

パキラ ハイドロカルチャー

以前UPした、パキラのハイドロカルチャーです。 上の写真では分かりずらいのですが、ハイドロボールが相当汚れて来たので、消毒と掃除をしたいと思います。 パキラとハイドロボールを容器から出し、ハイドロボールはサッと洗ってから鍋に入れます。 取り出し…

サンセベリア 水差し

今日はサンセベリア の水差しについてです。 少し容器が汚れていてすみません。 この中でサンセベリア の水差しをしています。 これはサンセベリア (虎の尾)です。 小さな根が出ているのが分かりますか? もう少し根がしっかりとしたら、土に植えてやる予…

モンステラ植え替え

モンステラの植え替えをしました。 植え替え前です。 鉢から出してやると、根が相当傷んでいました。 傷んだ根を切ってやり、幹も枯れている場所もあるので、切断して全体的にコンパクトにします。 植え替え完了です。 背丈は、以前の半分くらいになりました…

子宝草

今日は子宝草のお話しです。 家の奥さんの友人から、子宝草があったら欲しいとのメールが来ました。 子孫繁栄や子宝のお守りとして、今人気を集めている「カランコエ・子宝弁慶草(コダカラベンケイソウ)」。 葉っぱに子株がついているその姿は、まるで葉っ…

ナカフオリヅルラン

我が家のオリヅルランに仲間が増えました。 ナカフオリヅルラン ソトフオリヅルランとは逆に、クリーム色の斑が葉の内側に入ります。 オリヅルラン(クロロフィツム)属には200種ほどあります。日本では、オリヅルランとシャムオリヅルランの2種が観葉植物と…